あけましておめでとうございます。くろみです。

三が日が過ぎたというのに、お餅が美味しすぎてヤバいです。。。
どうなる私。
171208syougatu2IMGL0704_TP_V

年末から昨日まで、しろーさんがいてくれたので育児がわりと楽ちんでした。
というか、年末の料理やら掃除やら準備やらで忙しすぎたがなんとかなりました。
31日とか私完全に引きこもりです。
そんなに料理してないつもりなのに・・・。クリスマスより忙しかった。あれー?

でも、しろーさんがフル稼働(大掃除もふくむ)してくれたおかげで、子供たちは毎日楽しく過ごせたようです。よかったよかった。


ところで、イクメンという言葉。
ライトに「育児に積極的で、日常的にある程度やってるパパ」くらいの感じで使われてますよね。
「ある程度」は家庭によってそれぞれですが・・・

・土日のいずれかに子供を公園や子育て支援センター等に連れていく(ママ抜きだとなお良い)
・保育園の送りor迎えを日常的にやっている
・おむつ(大も小も)を普通に替えられる
・毎日子供をお風呂に入れている
・離乳食を普通にあげられる、あげている

などなど。


ポイントとしては「日常の中でやっている育児」。
日常のお世話パートをやっているかどうか。

「たまの休日に遊園地に連れていく」はちょっと違うんですね。
昭和的な言葉でいう「家族サービス」とはまったく異なる感じ。

ここを履き違えるとイタイことになるので・・・男性は要注意です。


■イクメン同士は語らない?
150705260810_TP_V

あくまでも、日常のこと。
しかし日常の事って、けっこうストレスたまるんです。。。

やってもやっても終わりがない。キリがない。

ママ業やってますと「わーーーーー!!」と叫びたくなることもしばしば。
ダラダラ遊び食べ、ゴロゴロテレビ、散らかりまくる部屋・・・。

そんな中で、癒しとなるのが他のママさんと話すひとときだったりします。
「わかる~」「大変だよね~」「イヤイヤ期っていつ終わるんだろうね・・・」とかちょこっと話すと不思議なことにすごく落ち着きます。
ほんと、いくつか言葉を交わすだけでもなんかガス抜きになる。
ありきたりですが「みんな大変なんだなぁ」とわかると心強いんですよね。


ですが。

男性って、育児の話ほとんどしないんですよ。

イクメンと言われる人にも聞いてみましたが「男同士で育児の話?ありえない!」とのこと。

身もふたもなく言ってしまうとですね~~。

男性は、所帯じみた話が好きじゃない。

なんでかっていうと、カッコ悪いから。


じゃあストレスないのかっていったらそんなことはありません。
イライラするときはします。
それは別にいいんですが、ガス抜きしない分限界が早い印象を受けます。。。

これ、育児に限らずですが弱みを見せるのが苦手(愚痴るの苦手)な男性ならではだなーと思います。
女性からしたら「そんなにイライラするなら、とっとと愚痴れ」と思うんですが(;´∀`)

男ゴコロですねぇ~。。。


■育児の話はカッコ悪くないよ!
TSURU170321-85 mm-095_TP_V

声を大にして言いたい。

パパが育児の話をするの、カッコ悪くないですよ!


男性同士ではやりづらいかもしれませんが、対女性(他のママ)ならむしろ高ポイントです。
ママ側からしたら貴重なパパサイドの話だし。私はむしろ聞きたい派ですね~。

子供がどんなに可愛くて愛情たっぷりでも、ストレスはあります。人間だもの。
ガス抜きしないでイライラしたり、モヤモヤをため込むくらいならちょっと話してみたほうがいいです。
相手が自分のパートナーだと距離が近すぎることもあるので、適度に無責任に「あるある~」と雑談にしてくれる人がいるといいと思いますね。

まぁ、ママの中には「他のパパと育児の話?ありえない!」みたいな人もいますけど。。。
このへんの分かれ目ってたぶん、そこの夫婦間でどれだけ育児の話をしてるかなんじゃないかなー。

話はしてるけど、話し合ってはいないって夫婦は少なくないですから。。。


■男の育児でモヤモヤしたら

「モヤモヤしてるけど、話し相手がいない!」

男性はお互い打ち解けるのに勇気がいるし、女性は女性で話しにくい・・・。
そんなパパさんや旦那さんがいる方に。

【書籍】
「新しいパパの教科書」(ファザーリングジャパン)

これからパパになる人にもおすすめ。
育児に必要な知識、マインド、スキルが具体的かつ現実的な内容で書かれています。
ファザーリングジャパンの本はほかにもありますが、おすすめですね。
ママが読んでも納得できるレベルです。

パパ向けの本って、うんちくやらカッコつけが多くて基本読めたもんじゃないんですが(;´∀`)
今のとこ、ここの本だけは読めます(笑)。


【直接話せる人がいるところにいく】
ママ友・パパ友をいきなり作るのは難しいという場合。
無難なところで、アミューの子育て支援センターで子供を遊ばせながら保育士さんと雑談するのがいいんじゃないかと。
土日はパパ率が平日よりかなり高め。パパ&子どもで来てるところも多いです。


育児をする男性は増えたけど、ママ並みに悩むほど育児に向き合ってる男性はまだまだ少数です。
なかには、ママが実権を握り込んでて意見NGなお家もありますが・・・。

子供は夫婦の元に授かるものだし、夫婦関係がしっかりしてるところは色々強いと思う。

話せるくらい子供のことを考えてるなら、まず夫婦で話してみたほうがいいですよ。
ちゃんと関わっているならなおさら、子育ての方針ってどこかでぶつかるかもしれません。
でもこういうのって、普段からすり合わせができていれば大きな衝突にはならないと思うんですよね。


何はともあれ・・・

育児の話ができる戦友、いるとめっちゃ癒されますよ!



くろみでした。


<スポンサーリンク>