たまにはゆるくいかないと疲れますね。

【ゆるエッセイ】というコンテンツを新たに追加しました。
エッセイというか主にくろみ&しろーさんの日常会話録になると思います。

脱力どうぞ~。


青空荒野


ここ数日でいちばん笑いが取れたのは、コロナウィルスのものまねでした。

ただしくはアルコール除菌(しずかに昇天)と除菌水除菌(苦しんで死滅)されるコロナウィルスのものまねなのですが、賢い夫は「その違いはなんなのww」とのことで。

 

まぁ……完全にイメージだよね。

除菌水のほうがなんか苦しみそうな気がしたのだよ。

てかそもそも、細かすぎて見えないものまねだよね。
さすがにわたしも視認したことないわ、ウィルス。

 

夫は特に、除菌水バージョンがツボな様子。
「うわあ~」と力なく除菌される彼に、わたしの目が光ります。


「え? うわぁ? ぐわぁぁぁっでしょ」

「決まってるんだ……。てか、苦しむ時にぐわぁって言う? むしろ苦しすぎると声にならなくない?」

 

夫もノッてきたようで、演技について議論がはじまります。

 

「俺は、痛くてびっくりした時だったらうわぁって出ると思うんだけど。あとはせいぜい、ぐぅ、とかかな」

「でるよ!」

 

わたしは今まで肉体的に苦しい時のことを思い出します。
部屋の中を歩き回り「ぐぅぅ」だの「ぎゃっ」だのと声をあげます。不審なことこの上ない。

そして日中にした筋トレのことを思い出し、たしかにぐわぁぁっとは言わないな、と結論づけました。

 

「ごめん、ぐわぁってわたしも言わないやぁ……」

「でしょ」

「ぴぎぃぃぃぃぃぃぃ! とか ヒィ~~~~~~~ッヤッ!! とかだね」

 

「え? なに?」

「ヒィィィ~~~~~~~~~ッヤッ!!」

 


どんな世紀末(マッドマックス)

 

 

「苦しいのにそんなにヒャッハーなの? ごきげんなの?」

 

夫が畳みかけてきます。だけどわたしは確かに、筋トレ中に発声したのです。ジャンピングスクワットが白眼になるほどきつかった……

 

今後ウィルス除菌は、シュッときてヒィ~~~~~~~~~~~ッヤッ!

これでいきましょう。





<スポンサードリンク>