厚木くろみくる~家族4人の郊外ライフ!~

神奈川県厚木市の情報ブログです。市内在住のアラサー主婦・くろみがリアルなところを発信中~。愛ゆえにときどき辛口かも?

gunma-IMG_7939_TP_V

1月も半ばですね。
今年はまた新しい(自分の中でだけど)チャレンジをしようと思って動いてます。

いつも以上に集中できてまとまった時間がほしくて、ちょっと朝早めにパソコンを開きました。
が・・・
「ママと一緒に寝たい~~~!!」と泣いて呼ぶみどすけ。

oh。。。。


こういう感じで泣き始めちゃうと、しろーさんでもダメなんだよね。
ひとりで集中できる時間を取るためには、みどすけが機嫌いい時間じゃないとダメなのか。

でもそうすると「日中しろーさんに子どもを任せ、自分は外に出る(子供らが外に出てるときは家でも可)」しかない。
平日その時間が取れないだけじゃなく土日いっしょに過ごす時間が取りにくくなるという。

昨日はそんな感じだったんですが、朝ちょっと早く起きれば解決できそうな気がしたんだけどな~~。


なんかうまくいくようにしたいものです。

そういや昨日の夜もみどすけが「ママと一緒に寝たい~!ぴぎゃー」と泣いて、就寝することになったんだった(;´∀`)


なんとか・・・
新しい時間割を作らねば。


やりたいことをやったり新しいことをするのって、生活の中に「何かを創る」ことだよなーと思います。
どんなに小さなことでも、人から見たら大したことでなくても。
そこになかったものを創るってことだから。

人は色んなものを自分の中につくりながら生きていくんだなー。



なんとか、つくろう。


みどすけの機嫌もとりあえず直ったし(笑)。



<スポンサーリンク>

厚木の人気のラーメン屋さん、麺や食堂。
以前246店には行きましたが、今回はじめて本店に行ってきました。

IMG_0199

中華そば 734円
ハヤシライス 300円


■ラーメン美味。ハヤシライスも美味!

食べてまずはじめに思ったのは・・・

「あれ?こんなに美味しかったっけ??」

スープ美味い。スープ最高。あと引く。

・・・あれー?
思わず前回の記事確認しましたよ。
ほんわか香る煮干しのダシ・・・うん。合ってる。

なんでだろう・・・
寝ているみどすけ抱っこしながら食べた前回と違って、落ち着いて味わえたからなのか。
それとも単に本店がものすごく美味しいのか??

でもまぁ、美味しいからいいや(笑)。


スープまでしっかり完食です。
こちらチャーシューが2種類。
なんとなく、スープをずっと飲んでると最後に鶏チャーシューが食べたくなる・・・。
次回からは、〆用に鶏チャーシューをとっておこうと思います。


そして、お子様連れにうれしいカット麺無料サービス
IMG_0200

これ、めっちゃありがたい。


子連れでラーメン屋ってハードル高いんです。
取り分け難しいし・・・。

こちら食べやすくカットされていて、しかも無料。
スープをちょいちょいっと移して取り分け完成ですよ。感涙。

「ラーメン食べたい~♪」と矢野顕子ばりに言っていたみどすけ、大満足。
上手に残さずいただけました。


そしてみどすけがラーメン食べにくかった時のことを考えて、いっしょにオーダーしたハヤシライス。こちらも美味。

量的には半ライス~ライスの間くらい?
写真よりもはるかに具が多くて食べ応えあり!
味もいいです。洋食屋的なしっかりした味でした。

ラーメン屋さんだし、もっとおまけ的な、存在感のない味を想像してましたが・・・あなどりがたし。
子供が大好きな味ですね。みどすけも一杯完食する勢いで食べてました。

子供用のセットもありますが、2~3歳だったらこのくらいがちょうどいいかな。
子供が残しても、大人がラーメン+αで食べられる量なので。ここ大事。


■昭和の駄菓子屋みたいな味のあるお店

壁にはおめんやレコード、パッケージつきのおもちゃが飾られています。
見てるだけでも楽しい!

いっしょに行った2歳の次男は、お店の中を眺めて大人しくしてました。
待ち時間も楽しく過ごせるので、これいいな~。

私は駄菓子屋世代ではないんですが、なんとなくお祭りみたいなワクワク感がありますね。

人気のラーメン屋さんということでもっとせかせかしてるかなと思ってましたが、接客も気持ちよくて
いい感じです。
行ったのが13時過ぎだったからっていうのもあるかもですが。

ラーメンのバックに店内(駄菓子屋さんっぽい部分)を撮りたいな~と思ったんですが、撮りやすい側の席をみどすけに取られました・・・。
うん、そっちに座るとお店の楽しい雰囲気味わえるもんね。

IMG_0201

楽しげな雰囲気を背にした店内の様子。
昭和~~なBGMが流れてちょっとノスタルジック。


■ちびっこには綿菓子を♪

お会計後、ちびっこには綿菓子を作ってくれます。

ざーっとザラメをいれて、ふわーーーっと白い綿菓子が。
それをくるくるまとめて・・・。

大人が見てもワクワクする光景。
ちびっこはも~、おめめキラキラです。

歩きながら食べるのは難しそうだったので、お店のすぐ裏の川沿いへ。
大好きな電車を見ながら食べる、あまーい綿菓子。みどすけ幸せそう。。。


駅徒歩圏内ですが、駐車場が14台もあって便利なお店です。
今度は家族で行きたいな~と思います。


IMG_0202

DATA【麺や食堂 本店】
住所 厚木市幸町9-6
電話 046-228-3978
営業 11:00~23:00(LO.22:30)
無休
駐車場14台、店内禁煙


<スポンサーリンク>

単独で入るには勇気がいるタイプのお店【中華居酒屋 あおば】。

IMG_0192

いいですね~。

この入りにくさ、たまりません。


現在発売中のランチパスポートに掲載されていたので、流れに乗って行ってまいりました。
普段だったら入りにくいけど、ランパス載ってるくらいなら一見さんも来ているだろーという。

子供らをしろーさんに任せ、私はひとりで入店です。


■キレイな味のラーメン♪

IMG_0189
骨付きそば 850円


下味をつけて揚げられた骨付きのロース肉がどーんと乗った一杯。

麺はつるつる、スープもクセのない食べやすい味。
そこに乗った骨付き肉。下味がカレー味なので、食べてくうちに味が混ざるんだろーな・・・と警戒していましたが、案外混ざらず。
お肉はお肉、ラーメンはラーメンという感じで最後までいただけました。

ラーメンが淡泊なので、お肉の油っ気でジューシーな感じになるのかなと思いきや、そんなこともなく。
この辺は賛否両論というか、物足りないと思う人もいそうですね。

個人的には、お肉なくてもいいかなぁ・・・。

中華街で修行してきた店主さんとのことで、ラーメンの味はそれらしい。
少し甘みのあるスープのやさしい味です。

私は中華街のラーメンって甘すぎて苦手なんですが、あおばさんとこはイケる。
淡麗系好きな人はアリじゃないかな~ここ。
甘すぎず、塩っ辛くなく。よい塩梅です。

次回は普通のラーメン注文してみようっと。


■ママさんの接客、超丁寧!!

このお店、見た目通り店内はそれほど広くありません。
カウンター席、テーブル席が3つ。
土曜のランチでしたが、来ているのは男性ばかり。
「近くに現場ありましたっけ?」な気持ちになりましたが、女性一人でも入れるお店だと思います。

だって、ここのママさんの雰囲気すごい良いです。

育ち良さそうというか、穏やかというか・・・。

お客さんが帰った後、すごく静かに片づけをされています。
椅子をひく時とか静かで、すごい丁寧だな~というのがわかります。

こういう「一見さんが入りにくいお店」にありがちな、「お店の人が常連さんと話しまくって気まずい」なんてこともありません。

ちょっと入りにくい店構えですが、一見さんも入れるいいお店だと思いますよ~。


ちなみに、お冷として出されるのはウーロン茶。
こちらもママさんが温かいのと冷たいのを聞いてくれます。
そんなサービスがあると思わなかったのでちょっとテンパってしまった・・・(笑)

IMG_0191

夜も来てみたいけどおじさん率が高そうだなぁ。。。

喫煙OKのお店なので、子連れにはおすすめできません。

「ママさんがこんな感じだと、店主さんもダンディーなのかな」とぼんやり思って食べていたところ、店主登場。
ワイルドなヒゲのダンディーおっちゃんでした。

ママさんとのギャップが・・・(笑)


DATA【中華居酒屋 あおば】★ランチパスポート vol.9掲載店
住所 厚木市寿町2-4-1
電話 046-221-8866
営業 11:30~14:00、17:00~23:00(LO.22:30)
日曜休み
駐車場なし


<スポンサーリンク>


あけましておめでとうございます。くろみです。

三が日が過ぎたというのに、お餅が美味しすぎてヤバいです。。。
どうなる私。
171208syougatu2IMGL0704_TP_V

年末から昨日まで、しろーさんがいてくれたので育児がわりと楽ちんでした。
というか、年末の料理やら掃除やら準備やらで忙しすぎたがなんとかなりました。
31日とか私完全に引きこもりです。
そんなに料理してないつもりなのに・・・。クリスマスより忙しかった。あれー?

でも、しろーさんがフル稼働(大掃除もふくむ)してくれたおかげで、子供たちは毎日楽しく過ごせたようです。よかったよかった。


ところで、イクメンという言葉。
ライトに「育児に積極的で、日常的にある程度やってるパパ」くらいの感じで使われてますよね。
「ある程度」は家庭によってそれぞれですが・・・

・土日のいずれかに子供を公園や子育て支援センター等に連れていく(ママ抜きだとなお良い)
・保育園の送りor迎えを日常的にやっている
・おむつ(大も小も)を普通に替えられる
・毎日子供をお風呂に入れている
・離乳食を普通にあげられる、あげている

などなど。


ポイントとしては「日常の中でやっている育児」。
日常のお世話パートをやっているかどうか。

「たまの休日に遊園地に連れていく」はちょっと違うんですね。
昭和的な言葉でいう「家族サービス」とはまったく異なる感じ。

ここを履き違えるとイタイことになるので・・・男性は要注意です。


■イクメン同士は語らない?
150705260810_TP_V

あくまでも、日常のこと。
しかし日常の事って、けっこうストレスたまるんです。。。

やってもやっても終わりがない。キリがない。

ママ業やってますと「わーーーーー!!」と叫びたくなることもしばしば。
ダラダラ遊び食べ、ゴロゴロテレビ、散らかりまくる部屋・・・。

そんな中で、癒しとなるのが他のママさんと話すひとときだったりします。
「わかる~」「大変だよね~」「イヤイヤ期っていつ終わるんだろうね・・・」とかちょこっと話すと不思議なことにすごく落ち着きます。
ほんと、いくつか言葉を交わすだけでもなんかガス抜きになる。
ありきたりですが「みんな大変なんだなぁ」とわかると心強いんですよね。


ですが。

男性って、育児の話ほとんどしないんですよ。

イクメンと言われる人にも聞いてみましたが「男同士で育児の話?ありえない!」とのこと。

身もふたもなく言ってしまうとですね~~。

男性は、所帯じみた話が好きじゃない。

なんでかっていうと、カッコ悪いから。


じゃあストレスないのかっていったらそんなことはありません。
イライラするときはします。
それは別にいいんですが、ガス抜きしない分限界が早い印象を受けます。。。

これ、育児に限らずですが弱みを見せるのが苦手(愚痴るの苦手)な男性ならではだなーと思います。
女性からしたら「そんなにイライラするなら、とっとと愚痴れ」と思うんですが(;´∀`)

男ゴコロですねぇ~。。。


■育児の話はカッコ悪くないよ!
TSURU170321-85 mm-095_TP_V

声を大にして言いたい。

パパが育児の話をするの、カッコ悪くないですよ!


男性同士ではやりづらいかもしれませんが、対女性(他のママ)ならむしろ高ポイントです。
ママ側からしたら貴重なパパサイドの話だし。私はむしろ聞きたい派ですね~。

子供がどんなに可愛くて愛情たっぷりでも、ストレスはあります。人間だもの。
ガス抜きしないでイライラしたり、モヤモヤをため込むくらいならちょっと話してみたほうがいいです。
相手が自分のパートナーだと距離が近すぎることもあるので、適度に無責任に「あるある~」と雑談にしてくれる人がいるといいと思いますね。

まぁ、ママの中には「他のパパと育児の話?ありえない!」みたいな人もいますけど。。。
このへんの分かれ目ってたぶん、そこの夫婦間でどれだけ育児の話をしてるかなんじゃないかなー。

話はしてるけど、話し合ってはいないって夫婦は少なくないですから。。。


■男の育児でモヤモヤしたら

「モヤモヤしてるけど、話し相手がいない!」

男性はお互い打ち解けるのに勇気がいるし、女性は女性で話しにくい・・・。
そんなパパさんや旦那さんがいる方に。

【書籍】
「新しいパパの教科書」(ファザーリングジャパン)

これからパパになる人にもおすすめ。
育児に必要な知識、マインド、スキルが具体的かつ現実的な内容で書かれています。
ファザーリングジャパンの本はほかにもありますが、おすすめですね。
ママが読んでも納得できるレベルです。

パパ向けの本って、うんちくやらカッコつけが多くて基本読めたもんじゃないんですが(;´∀`)
今のとこ、ここの本だけは読めます(笑)。


【直接話せる人がいるところにいく】
ママ友・パパ友をいきなり作るのは難しいという場合。
無難なところで、アミューの子育て支援センターで子供を遊ばせながら保育士さんと雑談するのがいいんじゃないかと。
土日はパパ率が平日よりかなり高め。パパ&子どもで来てるところも多いです。


育児をする男性は増えたけど、ママ並みに悩むほど育児に向き合ってる男性はまだまだ少数です。
なかには、ママが実権を握り込んでて意見NGなお家もありますが・・・。

子供は夫婦の元に授かるものだし、夫婦関係がしっかりしてるところは色々強いと思う。

話せるくらい子供のことを考えてるなら、まず夫婦で話してみたほうがいいですよ。
ちゃんと関わっているならなおさら、子育ての方針ってどこかでぶつかるかもしれません。
でもこういうのって、普段からすり合わせができていれば大きな衝突にはならないと思うんですよね。


何はともあれ・・・

育児の話ができる戦友、いるとめっちゃ癒されますよ!



くろみでした。


<スポンサーリンク>

Photoelly063_TP_V

子供らを寝かしつけ、夫婦でぐったり大晦日してるくろみです。。。

みなさま、2017年お疲れさまでした。
明日から新年迎えるとか!!
うれしいような、やり残しがあったようで不安になるような、ちょっと落ち着かない心地でございます。

まぁ~こういうのって毎年のことなんですけどね(;´∀`)


今年は、自分にとってけっこうチャレンジな一年だったのでやり残しの不安はあんまりないです。
それどころか先週あたりからクールダウン期に入っておりました。。。

ぼーーーーーっとしながら編み物したり、羊毛ボール量産したりして過ごしてました(笑)。


■来年はまた変わりたい

ここ最近頭を空っぽにして過ごしました。
いろーんなことをぼーっとしながら消化していたわけですが・・・

今やっていること、来年はまた変えたいなぁ。と。

どちらかというと、一周回って初心に帰る感じかも。
外に出まくった今年にたいして、来年は心を内に戻したい。

自分自身でつくるもの、自分自身から生まれるようなものにもう一度向き合ってみるかーと思っています。

今年の個人的なテーマは「人に会うこと」で、自分の持っている力が人の役に立つのか、価値があるのかなんてことを手探りで考えていました。

その中で「役に立つんだ~」ってこともわかったし、人と交わる中で自分自身に対する物足りなさを覚えたりすることも。


なので、来年はしばし自分に返りたいと思います。


PAKU150710030659_TP_V

このブログは、来年もマイペースにやっていきます。

子育ての話とかもうちょい書きたいなぁ。



見てくださっている方、いつもありがとうございます。
最近更新が滞りがちですが、いつも励みになっております。

2018年もみなさまにいいことがたくさんありますように!

それでは、よいお年を~。


くろみ(2017年ver.)



<スポンサーリンク>

ここは、近々また行かねばと思ってるパン屋さんです。

だって・・・
自分の中のパン屋ランキングが変わるお店だから(*‘∀‘)


パッと見、普通のお家だけど・・・
1215-2


しっかりパン屋さん。

1215-3



■デニッシュ系はマスト!マスト~~!
1215-4

あれもこれも・・・と3000円近く購入(笑)。
パンの価格帯は150円~250円くらいが多いので特別高いわけじゃないです。
プノス(ハーフ 600円)とクリームチーズとベーコンのデニッシュ(320円)がちょい高めなのと・・・単なる買いすぎです(爆)

1215-5

クロワッサン2個、栗とあんこのデニッシュ、黒糖あんぱん、ベーコンエピ、明太フランス、ヨーグルトのパン、ピザパン・・・かな?
家族4人とはいえ、よく買いました♪


ハード系は、香ばしいのに硬すぎない絶妙な歯ごたえ。心地いい♪
口に含んでからしっかり噛みしめたいパンです。
香り、広がる~!


あんぱんもおいしかったし、ヨーグルトのパンも柔らかくてさわやか。
こちらは2歳児のみどすけがモリモリ食べていました。

こちらもおいしいんですが、なんといってもノペルさんはデニッシュ生地。


個人的にはクロワッサンが・・・ダントツうまい・・・!!


軽さとしっとり感が絶妙で、すごうまっ!
さくっ。じゃなくて、「さくぅぅっ」って感じの食感です。
同じ生地を使ったベーコンとクリームチーズなんて、軽く衝撃でした。。。
ベーシックな具の組み合わせなのに、なんでこんなにうまいの・・・!

そんなデニッシュ生地のおいしさを活かした看板メニューが『プノス』。

1215-7

メープルの甘さがほんのり。くるみも入っています。
ハーフで600円、ホールで1400円。こちらのみ通販可です。

「冷やしても、そのままでも、あたためてもおいしい」という1粒で3度おいしいパン。

常温でもふんわり、材料の贅沢な味わい。。。

プノスは小田原や吉祥寺のイベントでも販売したそうで、ここからファンになる方も。

いや~、地元においしいパン屋さんが増えてくれてうれしい限りです。ほんと。


■お天気のいい日は外でパンを食べよう

ノペルさんがあるのは上古沢。
上古沢ってどこよ?という人も多いと思います。飯山と森の里の間あたりですよ~。

飯「山」と「森」の里の間っていったら、当然自然がいっぱい。
今回、パンを買ってすぐノペルさんのお庭(っていってもかなり広い)でいただいたんですが、静か~で・・・落ち着く。

遠くから鳥のさえずりやら、小川のせせらぎやら・・・

そして置いてある椅子とかテーブルがまた、かわいいの。
白いブランコは特等席ですね。
景色のいいところに置かれたベンチも素敵だし、タイルのテーブルはオシャレ。
どこに座って食べるか悩みます♪

1215-6

ふと見上げると、桜の木の枝。
春にはまた違ったステキさがありますね。



■おいしいパンを抱えて歩く、幸せ

とにかく雰囲気と居心地がいいこの場所。
お店の人の感じの良さや、建物の雰囲気も素敵なんですが、お店の近所の方(だと思う)も優しくてほんわか。

こんな隠れた場所にありながら、お客さんはちょこちょこ絶え間なく入ってきます。
お店を出るとみなさんパンの包みを大事そうに抱えて、ニコニコしながら帰っていくのがとても印象的でした。


■土日だけの営業。プチドライブに最適♪

ノペルは平日は営業なし。
土日だけ、時間も12時~日没まで(売り切れ次第終了)。

場所が場所なので、ちょっとドライブに行く感覚で行くのが楽しいです。
そのままつつじヶ丘公園や若宮公園に抜けるもよし。
森の里霊園がすぐ近くなので、お墓参りの前後にも・・・って年末感すごいな(笑)。


年内の最終営業日は24日(日)。
気になる方は今週末が年内ラストなので注意してくださいね。

1215-1


DATA【NoPell】
住所 厚木市上古沢1190-2
電話 046-216-9260
営業 12:00~日没まで(売り切れ次第終了)
   ※土日のみ営業


<スポンサーリンク>